はぐくみオリゴ半額 購入 販売店舗

MENU

はぐくみオリゴは効果無し!って、その前にチェックするべきこと

 

はぐくみオリゴは効果無し!と判断する前に知ってほしいこと

便秘にも種類があるって知ってますか?
便秘の種類によっては、対応の仕方が違います。
あなたは、どのタイプか、チェックしてみましょう。

 

便秘の種類は、大きく分けて3タイプ
・弛緩性便秘
・痙攣性便秘
・器質性便秘

 

便秘の違いを知る

弛緩性便秘

日本人に一番多い便秘です。
腹筋が弱ってしまったり、運動不足の人に起こりやすい便秘です。
黒っぽいコロコロの便が出る。お腹が張る。肌荒れが気になる。
こんな症状を伴う便秘の殆どは、この弛緩性便秘です。

 

慢性的な便秘になりやすいため、腸内の善玉菌がかなり少なくなっていることが考えられます。
はぐくみオリゴは多めの摂取が必要です。
少し長い時間をかけて、便秘解消に努めましょう。
合わせて、お腹のマッサージなど、腸を動かす運動を一緒にするのがおススメです。

 

痙攣性便秘

ストレスが原因で、自律神経が乱れ、便秘が起こるものです。
一般的に、便秘と下痢の症状が交互に起こるのが痙攣性便秘の特徴として知らています。
そのほかにも、下腹部痛が起きたり、コロコロした便が出るなどの症状があります。

 

食物繊維の過剰摂取や下剤の服用などで悪化することがあります。
まずはストレスの軽減と、腸内環境を整えることが最適です。
はぐくみオリゴを摂取するときは、最低量から始めてみてください。

 

器質性便秘

便秘の原因が、腸内環境以外の原因がある便秘です。
主に、胃、小腸、大腸、肛門などに原因があることが多いようです。

 

吐き気や嘔吐、激しい腹痛、発熱、便に血が混ざるなどの症状がみられます。
たかが便秘とあなどらず、こうした症状が出た場合は、早急に受信されることをおススメします。
この便秘には、はぐくみオリゴの効果は期待できません。

 

 

 

はぐくみオリゴの効果を最速で実感する3つのポイント

意識して乳酸菌と一緒に取りましょう
自分にあった適量を探しましょう
自分にあったタイミングを探しましょう

 

便秘が長いと、お腹の中の善玉菌は激減しています。
加齢でも、善玉菌は減る一方です。
出来るだけそれを増やすために、オリゴ糖と一緒に乳酸菌も意識してとりましょう。

 

はぐくみオリゴが少なすぎても、なかなか結果は出ないかもしれません。
ある程度は、思い切った増減をして、自分の適量を早く見つけたほうが
効果を得るのも早いようです。

 

はぐくみオリゴを朝とると、授業中や仕事中にトイレに行きたくなる人もいます。
自分のサイクルを自分で作るくらいの気持ちで、タイミングを探してみましょう。

 

 

はぐくみオリゴは効果が無い! やめる前に、もう一度見直しをしてみませか?